オンライン英会話 de Let's study

オンライン英会話を利用して英語の上達をしましょう。多くの学校の口コミや紹介を載せています。

「見る」という単語。英語のSeeとWatchとLookの違いは? コアイメージで説明します。

f:id:shinpsonkun:20181230101206j:plain

英語の勉強をしていると、同じような意味を持つ単語の使い分けに戸惑うことがありませんか?

動詞の「見る」という単語だけでもすぐに思い浮かぶのが

See

Watch

Look

と3つあります。

これらは中学英語なのでみなさん知っておられるはずですが、完璧に使い分けている方はどれくらいおられるでしょうか?

それぞれどうやって使えばいいのかを、おさらいしてみましょう。

 

目次

Seeのコアイメージ

f:id:shinpsonkun:20181230135137j:plain

Seeのコアイメージは「(自然に)目に入ってくる」です。

I saw him at that shop

彼をあの店で見た、というようにお店で彼を視界に捉えた時などにもseeを使います。

 

それ以外にも「風景や建物を積極的に目に入れる」というときにもSeeを使います。

sightseeingはsightをseeする、となり観光という名詞になります。

 

Watchのコアイメージ

f:id:shinpsonkun:20181230135937j:plain

Watchのコアイメージは「(動きのあるもの)をじっと見つめる」です。

スポーツの試合やTVを見るときなどで使います。

watch a game、watch TVといった感じです。

人を見張るや監視するような動作や「〜に注意を向ける/〜に注意する」時もwatchを使います。

Watch your head!は「頭上に注意して」になります。

 

Lookのコアイメージ

f:id:shinpsonkun:20181230140915j:plain

そして最後のLookのコアイメージは、「静止しているものを意識的に見る」というのが近いと思います。

動作で言えば目を動かして見るです。

視線を向けるのもlookを使います。

I looked at himで「彼をずっと見た(気になって)」になります。

 

それぞれの単語は派生してイメージはさらに広がる

それぞれの単語は「見る」という共通の意味がありますが、さらに派生してそれぞれの単語の意味は広がります。

Seeだと「See you!」でまた会いましょうなどもありますし、Watchだとさきほども紹介しましたが「Watch your mind!」のように頭上に注意してとなります。

Lookも多くの表現方法があり、「This dress looks good on you!」だとそのドレスはあなたにとても似合っている、みたいに使います。

 

まとめ

まずはしっかり「見る」という単語のそれぞれのイメージをしっかり掴みましょう。

動作に対してイメージすると分かりやすいと思います。

3つとも動詞の基本的な単語になるので身につけておきましょう。

コアイメージさえ覚えてしまえば難しく感じることはないかと思います!

 

単語を覚えられないって人は下記のイラスト記憶法を試してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880 [ 吉野邦昭 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/12/30時点)

楽天で購入

 

 

関連記事: 

www.study-english.tech

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村