オンライン英会話 de Let's study

オンライン英会話を利用して英語の上達をしましょう。多くの学校の口コミや紹介を載せています。

英語のMeetとSeeはどちらも「会う」だけど、その違いをコアイメージで説明します。

f:id:shinpsonkun:20181231142352j:plain

MeetSeeという単語があります。

どちらも「会う」という意味があります。

I meet himもI see himも「私は彼に会います」になりますよね。

 

さてどういった状況でこの2つの単語を使い分けるのでしょうか?

正しく理解して使っているでしょうか。

シンプルな単語だけにしっかりと理解して使っていきましょう。

今回もコアイメージで説明いたしますね。

 

目次

Meetのコアイメージ。初対面の時に使う。

f:id:shinpsonkun:20181231145244j:plain

ざっくり言い切ってしまうと、meetは初対面の人と会うときに使います。

これはオックスフォード英英辞典でも下記のように定義されているからです。

Make the acquaintance of (someone) for the first time

 

あなたが

I am going to meet someone.

と言えば初対面の人と会うんだ(仕事関係かな?誰かの紹介かな?)、と相手は思います。

 

Seeのコアイメージ。2回目以降会う時に使う。

f:id:shinpsonkun:20181231150126j:plain

先ほどのmeetに対してseeは2回目以降会う人に使います(例外あり)。

つまり友達に会うときは

I am going to meet my friends.となります。

オックスフォード英英辞典でも

Meet (someone one knows) socially or by chanceと定義されています。

 

meetとseeを使った例文

Nice to meet you.(初めまして)

Glad to see you again!(また会えて嬉しい!)

 

Have you met him?(彼に会ったことありますか?

Have you seen him?(彼を見かけませんでしたか?)

 

I hope you to meet my boyfriend.(私の彼氏と(一度)会ってほしいです。)

I hope to see you again soon.(またすぐに会えるといいです。)

このようなイメージの違いがあります。

 

例外の用法。知り合い同士でもmeetを使う時

知り合いに会うときにもmeetを使うシチュエーションがあります。

それは目的があってある場所で会う時です。

Let's meet at Starbucks next coming Sunday!

(今度の日曜日はスターバックスで会おうよ!)

友人同士であってもこのような場合はmeetを使います。

 

イベントや集まって話し合いの時もmeetです。

We will meet tomorrow to talk about this topic.(私たちは明日そのトピックを話し合うために会う)となります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

何気なく使っている「会う」という英単語にもこういった違いがあります。

英語をしっかりマスターしたい時はしっかりとコアイメージを掴んで学びましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中学・高校6年分の英単語が10日間で身につく本 [ 長沢 寿夫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)

楽天で購入

 

 

関連記事:

www.study-english.tech

 

人気記事はこちら:

www.study-english.tech

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村