オンライン英会話 de Let's study

オンライン英会話を利用して英語の上達をしましょう。多くの学校の口コミや紹介を載せています。

メキシコはアメリカのお隣りなのに英語が通じないって本当?

この前はアフリカ大陸にあるジンバブエの英語事情をお話ししました。

www.study-english.tech

 

世界がこれだけグローバル化が進み、移動コストが軒並み下がっているからこそ、英語教育が見直されています。

 

しかし、不思議な国があります。

それがメキシコです。

メキシコはアメリカのお隣に位置しています。

メキシコを旅行した人が言うには、英語が通じない、スペイン語しかダメだったと口を揃えます。

 

??なぜでしょうか。

気になりますよね。

それで今回は、実際にメキシコ在住の方にお話しをお伺いしてみました。

 

 

目次

自己紹介

ニックネームは(仮名で)Locas(スペイン語でクレジーという意味)です。

メキシコに来る前は、看護士として働くかたわら大学院で言語学を学びました。

 

そしてタイに移住しそこで英語と日本語での医療通訳を5年間していました。

その後スペイン語を勉強するために留学を決意し、スペインより生活費と授業料の安いメキシコにやってきて今年で3年になります。

 

スペイン語学校を経て、3ヶ国語の通訳として仕事をしています。

メキシコシティー在住です。

f:id:shinpsonkun:20180614233805j:plain

(私のアパートの近く、閑静な住宅街で全く危険は感じません。ご近所さんも優しく声をかけてくれます。)

 

f:id:shinpsonkun:20180614234046j:plain

(ご近所のコーヒ屋さん、いつも近所の主婦やおじいちゃんがコーヒ−1杯で何時間も話し込んでいます。ひょっとすると丸1日いるのではないかいう人もいます笑。)

 

メキシコという国

f:id:shinpsonkun:20180614230710p:plain

メキシコと言えば日本人が思い浮かべるイメージは、ソンブレロテキーラとマリアッチ(時間制で雇うことができるメキシコ音楽を演奏するバンド)ですね。

 

メキシコ人はいつも歌って踊っているイメージがありますが、確かにこの国の人達は陽気でどこに行ってもムシコ(道端で楽器を演奏してお金をもらう人)がいたり、マリアッチがいたり、音楽がかかれば道端でも踊り出します。

 

子供から高齢の方までここの国民の踊れる率は非常に高く、全ての学校ではないにせよ、体育の時間にサルサの踊り方を教えてくれる学校もあると聞きました。

 

メキシコはアメリカの隣の中米に位置しています。

しかし国民性や社会システムは意外にも南米の影響が色濃いと言えます。

民主主義を掲げながらも汚職などの政治的腐敗が当たり前で、政府に対して抗議行動を行うと闇でその首謀者や運動に参加した学生達を暗殺することもよくあるのです。

 

ナルコと呼ばれるドラッグディーラーの巨大な組織が幾つかあり、ナルコがその莫大な資金で警察と政府を影で操っているのはメキシコ人なら誰もが知る事実です。

 

メキシコの政治家は腐敗し切っていて私腹をこやすことしか頭になく、富む人達は違法なことさえもお金で解決し、貧しい庶民の生活は一向に改善しないというのが現実です。

 

こういうのは旅行だけで訪れた日本人には、イメージしにくいかもしれませんね。

 

メキシコの主要言語

公用語スペイン語です。

メキシコは世界最大のスペイン語人口を擁する国家です。

 

地方に行くとまだ先住民族の言葉を話しているエリアがあります。

先住民族の65言語(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)も政府が認めています。

 

 

メキシコの英語流通度

メキシコに来た当初は、スペイン語ができなかったためどこでも英語で話していましたが、ある時面白いことに気づきました。

 

英語を聞くとメキシコ人は凍り付きます!

見事に凍ります。

いきなり話ができなくなります。

はい、メキシコ人は英語が苦手なのでした。

 

当然の事ながら英語の流通度は非常に低いと言えるでしょう。

現在首都であるメキシコシティーに住んでいるため英語が通じる確率は上がっているはずですが、現在働いているオフィス(全て大卒以上)でも英語が話せる人達は10%未満です。

 

びっくりしませんか?

アメリカの隣りだから、わたしは当然みんなが英語が話せると思っていました。

 

メキシコでの英語教育熱

英語というのはどこの国でも義務教育で勉強するものだと思っていました。

ですがメキシコに来て初めてそうではないと知らされました。

 

ここの教育は日本と同じように公立と私立に分かれますが、きちんと英語の教育が受けられる私立の学校に通う費用は高いため、経済的に余裕のある家庭でなければ難しいのです。

 

お金がなければ当然公立に行くしか選択肢はなく、公立の学校では英語を勉強できないところもあるらしいのです。

今まで英語を勉強したことがないという大学卒のメキシコ人を何人も見たことあります。

彼らに公立の学校ではあえて選択しない限り、英語を学ぶことはできないと言われました。

 

そのため英語教育熱は低いと言わざるをえないのが実感ですね。

前述したように英語教育を受けられる私立に行くことが可能な家庭は限られており、そのような裕福な家庭はメキシコにおける教育の質の悪さを知っています。

より高度な教育を子供達に受けさせるため、英語圏への留学を考えて英語を勉強させます。

しかし一般的な家庭ではそのような余裕もなく、英語学習には重きを置いていないのが実情です。

 

そのような家庭はメキシコ政府が宣伝するように「メキシコが世界で最高の国」と信じていますので、外国語を学習する必要性も感じていないように思います。

 

メキシコは敗戦後アメリカに自国の領土の1/3を買い叩かれた歴史があり(1846年アメリカ・メキシコ戦争)、アメリカに対する反感はまだまだ根強く残っています。

若い世代でさえ「アメリカは嫌い」と言います。

隣国であるアメリカは世界で最も豊かな国であることは事実ですが、アメリカに対する反感と戦争での敗北に起因する劣等感、さらに過剰だとも思えるほどの愛国心が、メキシコでの英語学習熱が高まらない要因ではないかと思います。

 

また最近のアメリカ大統領ドナルド・トランプ北米自由貿易協定NAFTA)を無効にする動きや、アメリカにいる違法滞在メキシコ人をメキシコに強制送還するなどが、メキシコ人のアメリカに対する反感をより煽っていると言えます。

 

f:id:shinpsonkun:20180614234252j:plain

(2018FIFAワールドカップ・ロシア大会をメキシコ人は熱く見守っています。売られているのは、もちろんほとんどがメキシコ代表チームのユニフォーム。愛国心はとても強いです。)

 

メキシコ人の英語力

上記の理由から低いと言えるでしょう。

アメリカで不法就労していて強制送還されたメキシコ人を除いては、英語がきちんと話せる人はごく少数です。

 

発音に関してはスペイン語は綴りの通りに発音するため、それを英語にも適応します。

メキシコにLiverpool(リバプール)というデパートが「リベルプール」に、Starbucksが「スターブックス」に、メキシコ人の発音ではなってしまいます。

 

文法的にも多くの人がスペイン語文法のまま話します。

主語がなかったり(スペイン語では主語をあえて言わなくても動詞の活用で理解できる)、語順がぐちゃぐちゃだったり(スペインでの語順はかなりゆるく、厳格には決まっていない)、3人称現在形のSなど使えるはずはなく、何を言っているのか分からない時も多いです(笑)。

 

 

まとめ

アメリカの隣国でありながら、メキシコの英語教育事情はお粗末なものです。

義務教育では英語は必修ではなく、経済的余裕のある家庭だけがしっかりとした英語教育を受けることができます。

 

ここでの英語教育熱が高まらない理由は歴史的背景、自国第一主義、経済的余裕のなさ、アメリカへの反感が原因だと言えます。

メキシコ企業での英語の需要はあまり多くはないですが、外資系で働くことが可能になるにはやはり英語が必須であることは言うまでもありません。

 

メキシコ内の外資系ではスペイン語ではなく英語が公用語とされている企業も多いです。(例:アウディ社の公用語はドイツ語と英語)

そしてそういう会社では、各国の支店とインターネットや電話で会議をする際に英語で行われるのが当たり前です。

 

メキシコでも英語を話すことは、より高いステータスとより高い給料を得られることを意味しています。

 

f:id:shinpsonkun:20180614234614j:plain

(お気に入りのタコス屋さん。いつもこのように人がいてタコスを食べています。美味しいタコスは1個180円程度と安いです。タコスの美味しい店には常に人が並んでいるので、美味しいかどうかを見分けるのはそこだとメキシコ人に教わりました。)

 

以上です。

どうだったでしょうか?

メキシコはアメリカの隣りだから当然英語も通じてみんな話せるでしょ、って思っている人はびっくりしたのではないでしょうか。

 

まあ外国人も我々日本人は中国語は話せるでしょ?って思われているのと同じですかね(笑)。

今後も定期的に各国の英語事情を載せていきます。

 

ではまた!

 

メキシコ メキシコスペイン語+日本語英語 (絵を見て話せるタビトモ会話) [ 玖保キリコ ]

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村