オンライン英会話 de Let's study

オンライン英会話を利用して英語の上達をしましょう。多くの学校の口コミや紹介を載せています。

ジンバブエ人の9割は“第2言語”の英語が話せる!?その知られざるワケとは!?

みなさん各国での英語事情に興味はないでしょうか?

日本は先進国なのに英語話者が少なくて、昨今英語教育が見直しされています。

では他の国はどうなのか。

そういったテーマでお話ししたいです。

 

そして今回は「ジンバブエ」の英語事情をご紹介します。

現地在住のYMATO222さんに記事を執筆していただきました!

f:id:shinpsonkun:20180605202030p:plain

 

“日本から最も遠い大陸”

アフリカ大陸はよくこのような言葉で揶揄されます。

 

物理的にも、心理的にもあまりにも距離があるために私たちはそこに住む人たちのことを具体的にイメージすることが難しいのではないでしょうか?

 

しかし、そんなアフリカに関してこんな面白い豆知識があります。

 

それは、 “アフリカ人の8割以上の人はバイリンガルである” ということなのです。

 

アフリカはその歴史上他民族から形成されているために、民族ごとのいわゆる現地語と英語やフランス語などのいわゆる公用語を理解しなければ、生き抜いていくことが難しい現実があるのです。

 

今回は、そんなアフリカ大陸の中でも教育大国として知られる南部アフリカのジンバブエ共和国の英語事情について見ていきましょう!

 

きっと英語学習者のあなたにとって目からうろこの情報で溢れているはずですよ!笑

f:id:shinpsonkun:20180605200354j:plain

(この子たちも英語ペラペラです!)

 

 

目次

ところでジンバブエってどんな国!?

“アフリカ最大の教育大国”

かつて南部アフリカの多くを植民地支配していたイギリスは、ジンバブエ国民のおおらかで優秀な人柄と豊かな資源と気候から南部アフリカの中枢地として定めます。

 

そしてジンバブエは、アフリカの穀物庫と呼ばれるほどに栄華を極めました時もありました。

 

その当時イギリスが特に力を入れたことが教育でした。

 

この時に将来のリーダーを育成するために作成されたカリキュラム高度なカリキュラムは、独立を果たした現在でも学校教育の場で使われているのです。

 

その結果として、国民の“9割以上がバイリンガルなのです。

f:id:shinpsonkun:20180605200941j:plain

ジンバブエで使われている英語の教科書)

 

ジンバブエで話されている言語

ジンバブエは大きく2つの部族から成り立っています。

 

1つは、“ショナ族”と呼ばれる圧倒的多数のマジョリティ部族です。

 

彼らは“ショナ語”と呼ばれる言葉を話してコミュニケーションをとります。

 

もう1つは“ンデベレ族”と呼ばれる部族です。

 

彼らは、お隣の国の南アフリカから移住してきた民族です。

 

ジンバブエで第2の都市であるブラワヨを拠点にしており、通常“ンデベレ語”を話してコミュニケーションをとります。

 

以前はいがみ合っていた2つの部族ですが、現在ではサッカー以外(アフリカサッカー)ではおおむね良好な関係にあると言えます。

 

▼情報に関して詳しくはこちらから▼

AFRICA-SOCCER-JOURNAL~アフリカサッカー最前線!~

 

ジンバブエでの英語流通度はどれくらい?

結論から言いますね。

 

実は、 ジンバブエ人の90%以上は英語を話すことができます”。

 

先筆した通り、英語は彼らの第2言語であるにも関わらずです。

 

あなたがジンバブエに行った際には、街ゆく子供達からお年寄りの方々までの高い英語力に驚くことでしょう。

 

特にジンバブエの英語において特筆すべきは、いわゆるアフリカンイングリッシュではないということです。

 

実は、私たち日本人が英語の“L”や“R”の発音を苦手とし、“ジャパニッシュ”という独特の訛りがあります。

 

そして多くのアフリカ諸国ではそれぞれの母国語の影響を受けた訛りが存在し、それらは総称して“アフリカンイングリッシュ”と呼ばれているのです。

 

しかし、ジンバブエにおいてはブリティッシュイングリッシュの綺麗な発音が特徴であり、巷ではやりのフィリピン人講師では再現できないレベルの英語力だと言えます。

 

故に、今後スカイプ英会話の講師などとしても大きな需要が産まれることが予測されます。

 

ジンバブエでの英語教育熱はどれくらい!?

以外にジンバブエではそこまで“英語教育熱”が高いという印象を受けませんでした。

 

その最大の理由は恐らく“英語は話せて当たり前”という概念があるからでしょう。

 

普段流れるTVや学校の授業はすべて英語で行われるために英語をマスターしていなければこの国では生きていけないのです。

 

さらに、別々の言語を話す部族が共存していくためにも英語の習得は必要不可欠なのです。

 

このような理由から、ジンバブエでは差別化を図るためにフランス語やドイツ語などを学習する若者が非常に多い印象を受けました。

 

ジンバブエ人の英語力

最初にも紹介しましたが、ジンバブエ人の英語力は周辺諸国に比べてずば抜けて高いと言えます。

 

その能力の高さから、イギリスの企業などはコールセンターのスタッフとして、アジア各国では英語講師としての需要が非常に高いのです。

 

ちなみに、著者に日本で英語を教えてくれていた英語の先生はジンバブエ出身でした。

 

その綺麗な発音と細やかな指導は、今でも私の心の中に鮮烈に焼き付いています。

なぜジンバブエ人の英語力はここまで高いのか?

ジンバブエ人の英語力がずば抜けて高い秘訣はその教育法にあります。

 

日本との決定的な違いは、とにかく“英作文”と“プレゼンテーション”の機会が非常に多いことです。

 

より英語を実践的に使うことが求められるジンバブエ独自の学習法であるとも言えます。

 

著者がある中学校にお邪魔したときに実際やっていたテストを見せてもらったところ、 「あるテーマ」が与えられ、そのテーマに沿って自分の考えを書きなさい”というものでした。

 

このように英作文とプレゼンテーションが、彼らの英語力の鍵を握っていることは間違いなさそうです。

 

f:id:shinpsonkun:20180605203038j:plain

ジンバブエの英語事情を教えてくれた中学校の先生)

 

 

まとめ

ジンバブエの英語事情、いかがでしたか?

 

遠い異国アフリカでも、英語は“マストな存在”として位置づけられています。

 

ジンバブエの英語学習法の特徴である英作文とプレゼンテーションを、あなたも日常の勉強に組み込んでみてはいかがでしょうか?

 

きっと大きな成果を得られることと思います。

 

あなたの英語の勉強の一助になることを願って。

 

※アフリカの英語学習法&アフリカサッカーについてさらに詳しく知りたい人はこちらへ

africa-soccer-journal.site

 

最後の市場アフリカ ビジネスチャンスとリスクはどこにあるのか [ 野村修一 ]

 

▼メキシコは英語が通じない?▼

www.study-english.tech

▼情熱の国スペイン▼

www.study-english.tech

チェコの英語水準が高いワケ▼

www.study-english.tech

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村